Dyemansion 粉末焼結 後処理 自動 樹脂AM 3Dプリント
Dyemansion 粉末焼結 後処理 自動 樹脂AM 3Dプリント

​DyeMansion

Dyemansion 粉末焼結 後処理 自動 樹脂AM 3Dプリント

DyeMansion社は、3Dプリントされたばかりの未加工の部品を高付加価値製品に変換する、樹脂3Dプリント後処理技術の世界的なリーディングカンパニーです。

ドイツはミュンヘンを拠点とする同社は、2015年にパウダーベッドフュージョン(PBF)向けの工業用染色ソリューションから始まり、より幅広い樹脂3Dプリント技術向けの高度なクリーニング及び表面処理ソリューションで事業を拡大してきました。

彼らが提供する、3Dプリンティング部品の後処理技術はAM技術を我々の日常に溶け込ませるに必要な技術であり、現在すでにBMW、SAMSUNG、DAIMLERやUNDER ARMORのようなグローバル企業を含む世界600社以上の顧客が、同システムを使用しています。

射出成形品と同等の表面品質を実現する
​DyeMansion社のポストプロセステクノロジー

クリーニング・表面処理・染色の一連の技術からなる、”DyeMansion Print-to-Productワークフロー”では、PBF3Dプリンターで造形した部品の表面の粗さを最大限に抑え、射出成形品と同等の表面品質を実現します。 また同時に、気密性や耐摩耗性の向上など、物性そのものの機能向上までもを可能にします。

Dyemansion 粉末焼結 後処理 自動 樹脂AM 3Dプリント

POST-PROCESS SYSTEM

Dyemansion ポストプロセス

​表面処理

​染色

​クリーニング

 

Powershot C

​クリーニング

PBF3Dプリント品の自動ブラスト処理をわずか10分で可能にします。

中規模から大規模に3Dプリント品を造形する環境において、造形品の粉落とし作業に必要な時間と生産の人員を大幅に削減でき、生産性と品質安定性が劇的に向上します。

powershot C SLS 後処理 自動化
before after powershot C SLS 粉末ナイロン 後処理
 

Powershot S

​表面処理

独自のポリショットサーフェイシング(PSS)技術により、PA 12やPA11などの硬質プラスチックの表面の凹凸を均等化し、より均一な表面品質を実現することにより、様々な形状の表面処理を可能にします。

 

バレル研磨のような時間のかかる研磨方法とは異なり、自動かつワンサイクル10分という短時間での表面処理を可能にし、3Dプリント品の品質向上を効率的に実現します。

powershot S 樹脂AM 粉末焼結 3PM
before after powershot S
 

Powerfuse S

​表面処理

エコフレンドリーな溶剤を用いることにより安全に造形品の表面処理を行い、射出成形品と同等の表面品質を実現。同時に造形物の気密性や耐摩耗性など多くの性能を向上させます。

溶剤は自動的に回収されるため、化学廃棄物がなく持続可能性の高い、環境に優しいシステムとなっています。

powerfuse S 粉末焼結 表面処理 3Dプリント
powerfuse S before after
 

DM60

​染色

標準的なカラーデータベースから、オーダーメイドカラーまで使用が可能な染色システム。

パントーンなどのカラーチャートに基づいた170を超える色に加えて、企業のコンセプトカラーから季節のトレンドカラー、個々の肌の色まで様々な色調を作成することが可能です。

dm 60
DM 60 before after

Yokoito Additive Manufacturingが
DyeMansion製品の国内総代理店として、導入から運用までサポートします

Yokoito Additive Manufacturing LOGO

Yokoito Additive Manufacturing(以下YAM)を運営する株式会社YOKOITOは創業以来、
デジタルファブリケーション技術を背景にしたさまざまなモノづくり支援活動・
事業こおこなってきました。YAMはAdditive Manufacturing技術の研究と普及を
目指す部門として位置付け、3Dプリンター販売・3Dプリントサービス・導入や技術コンサ
ルティングサービス・AM技術の教育サービスを全国に展開しています。

”自らがユーザー”として、ユーザー目線でお客様をサポート

YAMには、Additive Manufacturing技術(AM)について研究を重ね、3Dプリンターを毎日使用している専門スタッフが在籍。YAMが運営する3Dプリントサービスにて、常に多数のプリンターを運用しているテクニカルスタッフが、技術的相談やサポートを行います。

”自らがユーザー”である専門スタッフがいることで、お客様目線に立ち、適切な材料や機械選定から、導入時及び運用時に発生するコストを最大限抑えながら、3Dプリンターや材料を最大限活かすことのできるご提案が可能となります。

国内最大のAdditive Manufacturingセンターで、AM技術の研究を推進

YAMは京都本社内にある、Yokoito Additive Manufacturing Centerにて活動をしています。こちらのセンターある国内最大級のプリンティングファクトリーではスタッフが日々AM技術研究を推進し、これまで発見されなかった新しいAMの可能性や技術・活用法など様々な知見を蓄積しています。

専門スタッフが対応、保守サポートサービスを全国展開

導入後は、お客様が長く安心して3Dプリンターをご活用いただけるよう、保守サポートサービスをご用意しております。
高い技術を持った専門スタッフが、国内全国の保守サポートをご対応します。

粉末焼結 ナイロン 3Dプリンター
DfAM 設計 デザイン 開発
樹脂AM 生産 ナイロン 3Dプリンター
 

お問い合わせはこちら

現在、粉末方式式3Dプリンターをお持ちですか?

送信ありがとうございました。

別途担当者からご連絡をさせていただきますので

今しばらくおまちくださいませ。