top of page
Powershot C Dyemansion 粉末焼結 後処理 自動 樹脂AM 3Dプリント
Dyemansion 粉末焼結 後処理 自動 樹脂AM 3Dプリント

Powershot C​

簡単、そして効率的な
​パーツクリーニングシステムを業界標準に。

PBF3Dプリント品の自動ブラスト処理をわずか10分で可能にします。

中規模から大規模に3Dプリント品を造形する環境において、造形品の粉落とし作業に必要な時間と生産の人員を大幅に削減でき、生産性と品質安定性が劇的に向上します。

​DyeMansion

Dyemansion 粉末焼結 後処理 自動 樹脂AM 3Dプリント

DyeMansion社は、3Dプリントされたばかりの未加工の部品を高付加価値製品に変換する、樹脂3Dプリント後処理技術の世界的なリーディングカンパニーです。

ドイツはミュンヘンを拠点とする同社は、2015年にパウダーベッドフュージョン(PBF)向けの工業用染色ソリューションから始まり、より幅広い樹脂3Dプリント技術向けの高度なクリーニング及び表面処理ソリューションで事業を拡大してきました。

彼らが提供する、3Dプリンティング部品の後処理技術はAM技術を我々の日常に溶け込ませるに必要な技術であり、現在すでにBMW、SAMSUNG、DAIMLERやUNDER ARMORのようなグローバル企業を含む世界600社以上の顧客が、同システムを使用しています。

Cement texture_edited.jpg

About Powershot C​

01

​自動粉末除去システムにより、生産能力を大幅に向上

ボタンを押してわずか10分でデパウダリング(粉末除去)が可能です。部品洗浄に必要な時間や人員を大幅に削減することができ、効率がアップします。1台のPowershot Cによる粉末除去機能は、最大4台の手動ブラストマシンに置き換えられます。一般的なすべてのパウダーベッド技術に対応し、残渣のないパーツを提供することで、その後の染色処理で鮮やかな色を実現します。

02

​優しい表面処理機能

Powershot Cのブラストキャビンは、回転するバスケットを備え、交換可能な柔らかい裏地を持つバスケットは、処理中パーツの損傷を防ぎます。同時に作動する2つのブラストノズルは、回転するバスケットとその中にある部品に対して垂直に配置され、この構成により、効率的な粉末除去が可能です。

03

​直感的なUIで簡単操作

タッチスクリーンのコントロールパネルで、簡単操作が可能です。Powershot Cは、ユーザーフレンドリーなインターフェースで、個々のプログラムを簡単に設定、保存することができます。ユーザー中心の設計により、あらゆるものへ簡単にアクセスでき、安全に操作することができます。継続的なモニタリングにより、効率的で再現性の高い処理を実現します。

Powershot C Before After Dyemansion 粉末焼結 後処理 自動 樹脂AM 3Dプリント
Powershot C  Dyemansion 粉末焼結 後処理 自動 樹脂AM 3Dプリント

​MOVIES

Inside of Powershot C

PBF3Dプリント品の自動ブラスト処理をわずか10分で可能にするDyeMansion社のPowershot C。

​どのように粉末を除去しているのか、イメージ映像にてご案内します。

Powershot C  Explained

Powershot Cについての製品説明の動画です。

​機械の中身はどうなっているのか、どのように粉を除去しているのか、そして操作方法などをご説明します。

Yokoito Additive Manufacturingが
DyeMansion製品の国内総代理店として、導入から運用までサポートします

Yokoito Additive Manufacturing LOGO

Yokoito Additive Manufacturing(以下YAM)を運営する株式会社YOKOITOは創業以来、
デジタルファブリケーション技術を背景にしたさまざまなモノづくり支援活動・
事業こおこなってきました。YAMはAdditive Manufacturing技術の研究と普及を
目指す部門として位置付け、3Dプリンター販売・3Dプリントサービス・導入や技術コンサ
ルティングサービス・AM技術の教育サービスを全国に展開しています。

”自らがユーザー”として、ユーザー目線でお客様をサポート

YAMには、Additive Manufacturing技術(AM)について研究を重ね、3Dプリンターを毎日使用している専門スタッフが在籍。YAMが運営する3Dプリントサービスにて、常に多数のプリンターを運用しているテクニカルスタッフが、技術的相談やサポートを行います。

”自らがユーザー”である専門スタッフがいることで、お客様目線に立ち、適切な材料や機械選定から、導入時及び運用時に発生するコストを最大限抑えながら、3Dプリンターや材料を最大限活かすことのできるご提案が可能となります。

国内最大のAdditive Manufacturingセンターで、AM技術の研究を推進

YAMは京都本社内にある、Yokoito Additive Manufacturing Centerにて活動をしています。こちらのセンターある国内最大級のプリンティングファクトリーではスタッフが日々AM技術研究を推進し、これまで発見されなかった新しいAMの可能性や技術・活用法など様々な知見を蓄積しています。

専門スタッフが対応、保守サポートサービスを全国展開

導入後は、お客様が長く安心して3Dプリンターをご活用いただけるよう、保守サポートサービスをご用意しております。
高い技術を持った専門スタッフが、国内全国の保守サポートをご対応します。

粉末焼結 ナイロン 3Dプリンター
DfAM 設計 デザイン 開発
樹脂AM 生産 ナイロン 3Dプリンター
bottom of page